« 語り合うー仕事学・コミュニケーション学 | トップページ | 会話ピアサロン〜一年半たって »

日本臨床研究会から案内いただきました。

日本臨床研究会から下記のような案内をいただきましたので添付いたします。

高知県言語聴覚士会様 

 

平素より私共の活動にご理解とお力添えを賜り、感謝申し上げます。

私ども日本離床研究会は、20121112月に下記の2セミナーを開催いたします。

つきましては貴会ウエブサイト、発刊の冊子等にて会告のご掲載をお願い致したく

メールさせていただきました。

突然で恐れ入りますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

                    社団法人 日本離床研究会事務局 三條

======================================

社団法人 日本離床研究会教育講座

 

●四国地区 会告講座:11/11高松,11/12高知ベーシック

社団法人 日本離床研究会教育講座

実践!早期離床ベーシック講座~新しい呼吸ケアの考え方~

日・場所 20121111日(日)高松市総合福祉会館(香川県高松市)

20121112日(月)高知教育会館 高知城ホール(高知県高知市)

時間:10001610(各日1回完結)

講師 飯田祥先生(日本離床研究会学術研究部)他

受講費:各 8,400円(税込)

内容:離床を実現するためのアセスメントポイントと使える技術を徹底解説!

理論と実技を併せて学ぶことが出来ます。

1.臥床はどうして呼吸に悪いのか 

2.離床のためにこれだけは知っておきたいフィジカルアセスメント

3.呼吸理学療法のエビデンスと早期離床

4.専門家が教える早期離床の「コツ」(知れば納得。楽々介助法) 

5.もし痰がつまったら・・・(呼吸介助手技の適応と効果的な排痰法をマスター!

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: http://www.rishou.org/

問合せ:社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

 

●中国地区 会告講座:12/9広島フィジカル理論

社団法人 日本離床研究会教育講座 

モニター・機器が少ない状況下における早期離床

〜フィジカルアセスメントを活かした状況判断のコツ〜

 日時:20121209日(日)10001610

 会場:広島国際会議場(広島県広島市)

 講師:鯨津吾一先生(大阪府済生会茨木病院)

    對東俊介先生(広島大学病院)

    黒田智也先生(汐田総合病院)

 受講費:8,400円 (税込)

内容:モニター・機器が不十分な状況で起こりうる急変や病状の変化に備えるための評価ポイントと知識をベテランが伝授。もしそうなったときにも、落ち着いて対処し起こしてよいかの判断ができる臨床家を育成します。

1.五感を使うことの重要性〜声にならない訴えを理解する〜

2.その症状はどこからくるの?生理学的な根拠から原因を探すプロセス

3.原因はコレ?いまある機器と身体所見から判断するための評価ポイント  

4.この状態は離床させていいの?

新たな自覚症状の出現時における急性期対応の考え方

5. これは大変!急変と判断したときの初期対応と具体的な報告の仕方

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: http://www.rishou.org/

問合せ:社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

 

|

« 語り合うー仕事学・コミュニケーション学 | トップページ | 会話ピアサロン〜一年半たって »

事務局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350367/47242078

この記事へのトラックバック一覧です: 日本臨床研究会から案内いただきました。:

« 語り合うー仕事学・コミュニケーション学 | トップページ | 会話ピアサロン〜一年半たって »